スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム クロス張替え 相場

リフォームしたいとおもっても、一番に思うのは金額ではないでしょうか?

リフォームなんて毎年やるようなことでもないし、値段がはっきりとしてないので不安になりますよねぇ。


そ・こ・で

相場みたいなものを書いてみます。参考になればうれしいです。


まず、クロスは大きく分けて2種類。

1、量産品・・・一番手ごろな値段

  

  主に賃貸におおく使われますが、最近は一戸建てでもこれをつかうのが主流になってます。

  単価は、賃貸 ㎡(1m×1m)=800円前後

        在宅 ㎡        =1000円前後 ぐらいになるかと思います。

  なぜ、在宅のほうが高いのか?それは家具などが置いてあり、手間がかかるためです。

  平均職人1人で1日にできる量は、剥がしや下地によりますが、50~60㎡ですが、在宅になると30~40㎡

  ぐらいになってしまうためです。

  なので、少しでも安くするには、食器や本などの細かいものは自分たちで片付けて、動かせるものも

  自分たちでやることをおすすめします。


2、一般品・・・少し値段はあがるが種類機能ともに豊富


   一般品の中でも、自然素材でできたものや表面に傷がつきにくくなったもの、さらにマイナスイオン

   がでるものなんかもあります。

   単価は、賃貸 ㎡=1100円前後

         在宅 ㎡=1200円前後 

   もちろん、一般品といっても、上に書いてあるような特殊なものはさらに高くなります。

   表面強化(傷がつきにくい)や汚れ防止なんかをつかえば、長持ちするので、結果安くなることもあります。


単価はわかった と、じゃあ自分の家は何㎡あるのかなと思いますよね。

業者を呼んで見積もりをしてもらうのが一番早いですが、呼んだら断るのがめんどくさいとか、どんな人がくるのか不安とかで躊躇しますよね。

そんなときに、ざっくりと計算する方法があります。

まず、建物の延べ床面積をしらべます。それが天井の㎡とほぼ同じなはずです。

壁はそれのおおよそ2.5倍になります。もちろん家のつくりによって異なりますが、ざっくりとはそんな感じになります。


例:6畳間   天井9㎡ 壁21㎡ で計算すると 

         量産品 30㎡×800円=24000円

         それに剥がしたゴミが産業廃棄物になるので費用が発生し、70ℓのゴミ袋で2袋になるので

               2袋×500=1000円

         さらに、建物に駐車できるスペースがなければ、駐車場代がかかります。

         なので30000円あれば6畳間のクロス貼り替えができることになります。

         もちろん、家具なんかの移動はなしの前提です。

         業者によっては、剥がし代として㎡=100円ぐらいとられたり、下地のことを確認していなくても

         下地調整とかでとられることもあるので要注意です。



例外として、トイレや洗面などのあまり㎡数が少ない(㎡×単価で計算して25000円以下)ところだけでは、手間代になるのでこのような計算では金額がでません。

これは業者によって金額がぜんぜん違います。このようなときは、電話でもいいので直接業者に聞くことをおすすめします。

あと最後に、リフォームをする時期としては、年末~4月ぐらいまでは、繁忙期なため値引きなんかにも応じることが少ないと思います。仕事の減る時期(6~9月)は値切るチャンスがありますよ。

なんとなく自分の首をしめてるような気もしますが・・・


っと、大体クロスの単価に関しては、これだけわかってればいいかと思います。もちろん、下地の状況なんかによっても費用がかかってくるので、最終的にはちゃんと見積もりをだしてもらってください。   

スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。